もう使わなくなった車は廃車しよう|業者を選ぶコツを紹介

  1. ホーム
  2. 自力でやるか業者を使うか

自力でやるか業者を使うか

運転

自分で手続きするのは大変

車を廃車にするには一時抹消登録と永久抹消登録のふたつの種類があります。一時抹消登録とは一時的に廃車の手続きをするが車本体は解体せず残す方法で、再度手続きを行えばまた使用することが可能です。永久抹消登録とは車を解体して二度と使用できない状態にすることで、一般的に廃車というとこちらのことを指します。解体は解体業、破砕業の許可を持っていない者が行うのは法律で禁止されていますので業者へ依頼する必要があります。書類上の廃車手続きですが、こちらは自分で必要書類を揃えて陸運局にて行うことが可能です。しかしこの手続きを自分で行うのはとても大変です。陸運局に最低2回は足を運ぶ必要がありますし、ナンバープレートを自分で外す必要があります。何より見慣れない書類を揃えるだけでも頭を使いますし面倒なことが多くあります。どうせ解体の為に業者へ車を持っていかなければならないのですから、ついでに手続きまで任せてしまうのが良い判断です。お金をなるべく掛けたくないので、自分で手続きをしようと考える人がいますが、業者に依頼した方が特な場合もあります。車の状態が悪くても鉄自体に価値がありますので、いくらかお金を入ってくる可能性があります。どうせ古い車だからと諦めずに一度買取業者に査定を依頼しましょう。ほとんどお金にならなかったとしても、面倒な手続きを全て代行して貰えると考えればそれだけでもお得です。それほど自分で全ての手続きをするのは手間が掛かります。